ミシンの種類

MENU

ミシン購入時にまず疑問に思うのが、ミシンの種類はどれを選べばよいのか?
ということではないでしょうか。

 

アイシンミシンは家庭用電子ミシンですが
改めてミシンの種類や特徴についてまとめてみました。

 

家庭用ミシン

 

電子ミシン

 

電子ミシンとは糸調子や目の調節をダイヤルを回して設定するシンプルなミシンです。
構造がシンプルなため軽量で持ち運びにも便利な機種が多いのが特徴。
直線縫い屋ジグザグ縫い、縫い目のパターンもいろいろあります。
バックやエプロン、ポーチといった小物からシンプルなデザインの服を作りたい方に向いています。
また操作が複雑ではないため初心者にもおすすめのミシンです。

 

コンピューターミシン

 

針の上下運動や糸調子等をすべてコンピューターが制御しています。
ミシンの前面に液晶パネルがあるのが特徴です。
機能が増えると重さが重量化する傾向があります。
刺繍や模様縫いもできるため、作品の幅を広げたい方や本格的に洋裁をやりたい方におすすめです。

 

 

専門的なミシン

 

工業用ミシン

 

洋服や服飾小物を量産するために使用されるミシンです。
1機種1機能でスピードと耐久性に優れています。
机と一体型になっているため、畳1畳分ほどの広さが必要・かなり重い等の理由から一般家庭向きとは言えません。

 

職業用ミシン

 

直線縫い専用のミシンで、ジグザグ縫いや刺繍機能はありません。
そのため布の端はロックミシンを使用するという人も多いです。
家庭用ミシンよりもパワーがあり上糸を高い位置にセットするため縫い目もキレイに仕上げることができます。
職業用ミシンは垂直釜のため、下糸を自分で調節する必要があります。
縫製の仕事をしている方や洋裁を専門的に学んでいる学生の方がよく使われます。

 

ロックミシン

 

縁係専用のミシンです。直線縫いはできません。
2〜3本を同時に使って飾り縫いを行います。
余分な布カットしながら縫うため、布端の始末は既製品のようにキレイです。
洋裁をする方が使用し、ニット系の素材の縫い合せにも利用されます。

 

 

 

>>【NEXT】ミシン針とミシン糸の組み合わせ方は?